TOPINTERVIEW神戸で働く人ジン ニン ウェイ

ジン ニン ウェイ

ジン ニン ウェイ

Company name /
社会福祉法人 神戸老人ホーム
Job type /
医療・福祉
Countries &  
Regions /
ミャンマー
  1. 仕事内容
  2. 神戸で働く
    ことになった
    きっかけ
  3. 暮らし
  4. メッセージ
  5. 企業から
photo

仕事内容

お年寄りを幸せにする仕事で私も幸せを感じています

介護施設でお年寄りの身の回りのお世話をする仕事をしています。お年寄りを幸せにする仕事というところが素晴らしいと思い、この仕事をすることにしました。私にもおじいちゃんとおばあちゃんがいるので、仕事でお年寄りと接するときには、自分のおじいちゃんやおばあちゃんにするように心を込めて接しています。
日本に来る前に、ミャンマーの学校で日本の介護の勉強や実習をしました。その時は、先生が厳しくて、とても大変そうな仕事だなぁと思いました。それでも、実際に日本で働いてみると、思ったよりも大変ではなくて周りの人やお年寄りの人たちもみんな親切で楽しく仕事ができています。
仕事では、お年寄りがお薬を服用する時にお手伝いすることがあります。特に注意して間違いがないように気を付けています。
働き始めた当初は、何か起こった時に書かなければいけない報告書や記録の作成が難しく苦労しました。漢字を使って文章を書かなければいけないので大変でしたが、みなさんが親切に教えてくれたので今では何とかできるようになっています。

photo

神戸で働くことになったきっかけ

きっかけは農業を学びに日本へ行った大学時代の友人です

私が日本に興味を持ち始めたのは、ごく最近で2、3年前のことです。私が大学生の頃に、日本の農家へ就職した友人から「日本は住みやすくて仕事もたくさんあるよ」と教えてくれました。それから日本での生活に興味が出てきました。そのために、大学が休みの時に日本語スクールへ通いました。
そこで日本語検定を受けてN5から順番に合格していき、約1年2か月かけてN3まで取得しました。日本語を勉強しながら、フェイスブックのページで日本にどんな仕事があるかを調べていました。
そこには、工場やひよこの選定、お弁当作りや介護の仕事が載っていました。私はお年寄りを幸せにする仕事というところが素晴らしいと感じて介護職を目指そうと思いました。
それから、ミャンマーで日本の介護を勉強できる学校で学びました。もともと私は大学で英語を勉強していたので、家族は英語力を生かした仕事に就いてほしいと思っていましたが、私は日本で介護のお仕事をしたいと強く思っていたので、家族の理解を得て神戸に来ました。

photo

暮らし

神戸は仕事に打ち込める環境が整っています

神戸は交通機関がいろいろあってとても便利なところです。電車や車だけでなくて海があるので船もあります。私が神戸で特に気に入っているのは、山と海に囲まれているところです。
日本での就職先を紹介してもらった時には、神戸の他にも東京や大阪、北海道も紹介されていましたが、今の介護施設の採用担当者の方が、神戸は「山や海があり穏やかで素敵な街です」という説明を聞いて、神戸で働くことを決めました。そして、実際に神戸に来てみるとその通りでした。自然がたくさんあって休みの日には河原を散歩したり写真を撮ったりしてリフレッシュしています。
ミャンマーで海や山を楽しもうと思うと、遠くまで出かけないといけませんが、神戸は歩いてすぐに行けます。他にも神戸ポートタワーや三宮の街に出かけるのも好きです。ショッピングを楽しめますし、夜になるとキラキラ光るカラフルなイルミネーションやキレイな夜景を見て癒されます。神戸はミャンマーには無い自然を楽しめますし都会の風景も楽しめます。仕事に集中しやすい環境が揃っている街だと思います。

photo

メッセージ

神戸で働くと世界中の人とお友達になるチャンスがあります

神戸はとてもいい街です。ケーキ、パン、有名な神戸ビーフなど美味しいものもたくさんあります。楽しく過ごせるところがいっぱいあります。そして外国人が多いので、いろんな友達を作ることができます。
私が日本で働くことを決めたときには、神戸以外の場所も勧められました。もっと人が多くて大きな都市部も紹介されました。でも神戸を選んで良かったと思っています。なぜなら、神戸はいろいろな国からたくさんの人が働きに来ているので、世界中の人たちとお友達になれます。
私は、技能実習生の監理団体主催の旅行で京都に行ったことがありますが、その旅行を通して私と同じように日本で働いているベトナムやインドネシアの人たちと知り合いになって仲良くなることができました。私は、神戸で介護の仕事を続けて介護福祉士の資格を取ることを目標にしています。そして将来は日本の介護の仕組みをミャンマーにも持っていきたいと考えています。
日本で働くことは、きっと自分や自分の国の将来の為にもなるので、皆さんにも頑張ってほしいと思います。

photo

企業から

日本人には無い感覚を持っているので頭が下がります

介護人材の不足が取りざたされているなかで、当施設でも外国人材を雇用しようという意見が出たものの、当初は反対意見も少なくなく見送っていました。
同時に、将来的には外国人材に頼らざるを得なくなるという現実は見えていました。それで、実際に外国人を採用している施設を見学してみることにしました。そこで外国人はとても優秀だと感じました。それで、これはいいな、と思い、2年ほど前から実際にミャンマーに行って外国人材が勉強している姿を見て雇用することにしました。
今は外国人材雇用によって多くのメリットを得ています。まず、彼らの人柄の良さは素晴らしいです。
言葉の壁はあるものの、それを上回る気持ちや優しさを持っています。そして、その姿を見ている日本人職員も影響を受けて、全体の雰囲気が良くなりました。
神戸は外国人の多い港町なので、みんな親切に接してもらえます。とても住みやすい街だと思うので、安心して神戸に働きに来てほしいと思います。
(副施設長 内海 健一)